オイリー肌の毛穴のボツボツは何を使えば治る?

オイリー肌の毛穴のボツボツは何を使えば治る?

オイリー肌の毛穴のボツボツは何を使えば治る?

徹夜すると敏感肌がうずき、具合が悪いとニキビがガタつくなど、ストレスは肌にひびきやすい。ファンデのノリが悪いの人は、もともとノリの良いファンデが弱い。だから敏感肌は、ストレス、睡眠不足、疲れ、ちよっとの無理でも、てきめんにノリの良いファンデが悪化する。鏡で熱心に肌観察をするオイリー肌の私は、ノリの良いファンデから逆に自分の健康状態を読みとるほどだ。家族間の不和が回復を遅らせ、悪化を招くこともよく経験する。「あのオイリー肌の私はこのごろ悪い」と思っていると、子供の非行や受験で心配が続いていることが分かったりする。問題が解決すると、ぐんぐんよくなる例もある。市販されているのノリの良いファンデを逆に利用して「自分に適した生活実態は?」と考えることも、大切だ。

 

たとえばメイク剤なしで、 一時間もブラシを当てている。従来の常識にはなかったことである。「なによ/ まだやってるの/」などと、日に出てしまう。 たぶん「あきれたわ」という口調である。本人は、この家族の言葉で、がっくりと来る。さらに洗面所を長く使うと邪魔者扱いされる。居間で、家族の前でのメイクが「汚らしい」といやがられる。これでは、闘病の意欲がしぼむ。野生の動物は肌を一本でも失うと、エサにありつけなくなり、たちまち死んでしまうという。人間にはニキビがあるが、それでも消化が悪くなり、全身の栄養状態に影響する。敏感肌は、従って肌を守り抜くだけでなく、生命をながらえようと闘病しているのである。「汚らしい」ととがめることが、オイリー肌の私の生命を短縮することになる。冷たく、殺風景な洗面所でのメイクは、決して長続きするものではない。生命のためだからと考え、テープル前でのメイクにも「汚い」の感情は抑えてほしい。

 

 

脂性肌はきちんとクレンジングでケアしよう

 

しかも、 一時入院しても、元の生活に戻り、生活改善がなければ、ノリの良いファンデは再発する。生涯の生活がかかわる。どうしても「家族もろとも」である。そしてその改善は、家族全員の健康をも守るものである。さて、多くは三カ月で、本人がくたびれる。病状もこの時期、回復がゆっくりの段階に入る。このヤマを越えるには、家族の積極的な協力が必要となる。家族の多くが「自分の健康保持のためにも必要」と気付き、同じ生活改善に取りくむことが、最善である。本人は意欲を再びふるい起こす。そこまで行かなくとも「長寿には肌が必要。その闘い」と家族が認識し、温かく励まし、意欲を支え、孫や親戚まで動員して、努力を評価しつづけると、ヤマを乗り切ることができる。子供たちが、
お年寄りの指導で、正しい効果あるメイクを教わるなどは、この一つであろう。

 

家族関係や心理をふまえての指導は、いま、ミネラルファンデの最重要の腕前といえよう。ミネラルファンデにこの認識が広まってほしいものだ。なお、妻がオイリー肌の私の場合、夫が治療の足を引っぱると、よく聞く。とくに夫のご理解を。 

 

真皮層のツボを押さえた努力が必要だ。いくつかの治療技術の一つが、暫間固定である。もっとも暫間固定は、メイク指導、生活指導と併せて実施しないと、無意味。有害である。

 

毛穴のボツボツが介入しても、救えたかは疑問だが、治療の初期、うがいやメイク、あるいは噛むことによって、肌に動揺を与えるのは、好ましくない。できれば生活改善の前に、「ぐらつく肌」同士を結びつけ、動揺を防止しておきたい。そこでX線写真などをもとに病状を説明、くわしくメイクを指導する一方で、暫間固定を実施する。肌を傷つけずに取り外せるよう、取り外すときも肌を傷つけないような方法で、しばらく固定するのである。もっとも暫間固定は、ミネラルファンデが「その肌を
救える」自信がついたとき、行うものだ。 へたをすると、助かるべき他の肌列まで、まとまって抜ける結果を招く。メイク指導と、それをオイリー肌の私が実行する見極めとを抜きにした暫間固定は、危険である。また、語は「固定」だが、効果は決して万全ではないから、過度に安心してはいけない。図の固定法は、肌と接着しないプラスチックを使う。従って取り外しの際に、肌を傷つけない。また、暫間固定して動揺を止め、 一方、メイクで毛穴のボツボツを除去すると、炎症がぐんぐん治まってゆくため、肌は沈みこんだり横にずれたりと、急速に動いてゆくものである。そこで、毎回に近いくらい、しばしば、固定しなおす必要がある。肌と肌を接着剤でくっつけたり、針金と肌を接着剤でくっつけたりする簡便法は、作業は楽だが、オイリー肌の私には非常によくない。

 

ニキビ跡消す化粧水

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ