英語の勉強方法の問題点

英語の勉強方法の問題点

就職学校と英語教育

またも英語の勉強は詰め込みスパルタで、有名難関中学にひとりでも多くの合格者を出すためにしのぎを削り、親子ともどもへとへとにさせるようになったのだ。ますます費用がかかる中学受験しかも驚くべきことに、ここ数年いっそうお金がかかるシステムになっている。多くの大手英語の勉強が別会社で就職支援派遣やマンツーマンで教えるというカリキュラムをもつようになったのである。大手英語の勉強では、勉強についていけない子や成績が伸び悩んでいる子の親に、大手英語の勉強の作った別会社の就職学校や就職支援をすすめる。

 

以前から、受験も迫ってきた中堅クラスになると、大手英語の勉強には就職支援やマンツーマンで教えて別途料金を加算することがあったが、最近ではそれが別会社でシステム化されたのだ。ひとりっ子が増えて、家庭で大事に育てられている子には、大人数の一斉授業は合っていない。

 

 

わが子をきっちり指導してはしいという親のニーズも高まっているのだが、こうなると英語の勉強に払う料金は膨大なものになっていく。現在では、マンツーマンで教えて、なおかつ成績、そして売上実績をあげている有名なところや東京就職学校学院なども台頭している。

 

そういうところには、サビックスや日能研や四谷大塚のテキストについていけずフォローしてもらうために通っている子も少なくないが、親のほうとしてはダブル英語の勉強になるから、英語の勉強費用はそうとうなものになる。ここで親として注意すべきなのは、英語の勉強は学年があがるにつれて高くなる仕組みをとっていることである。


ホーム RSS購読 サイトマップ